フィッシュウォッチングを楽しむならトウマがお勧め

慶良間のダイビングのポイントではトウマも有名です。
トウマは、座間味島の南東にあるトウマ浜の真ん中付近に位置するので、アイダーと呼ばれる事もあり、冬のシーズンの大人気ポイントとして知られています。
ダイビングと言うといかにもマリンスポーツのようなイメージが強いですが、冬の時期でも安全にダイビング出来るのがトウマなのです。
トウマについてまとめてみました。

トウマ

トウマは冬の時期の大人気ダイビングポイントです。
北風が強く吹いても波で揺れる心配無く潜る事が出来る、波の穏やかな内湾のポイントなのです。
広くどこまでも広がる砂地の水深10メートルのエリアには、根が点在しており、何年もハダカハオコゼが住んでいる根は、ハダカハの根と呼ばれる根もあるそうです。
その他にはカクレクマノミの住むイソギンチャクやガーデンイール(チンアナゴ)のコロニー、デバスズメダイの幼魚が群がる珊瑚等も見る事が出来ます。
浅瀬のリーフには、あらゆる種類の魚達がいますので、ダイバー経験の浅い方や初心者ダイバーの方でも上手に魚をカメラにおさめる事が出来るポイントとしても知られています。
こうした魚達の種類が豊富なので、フィッシュウォッチングには最適のポイントなのです。
白い砂浜に広がるエリアは、幻想的な風景で、日頃のストレス等も吹っ飛ばしてしまう事が出来る事でしょう。

トウマでダイビングを楽しむ

トウマは穏やかな内湾のポイントで、初心者にも安全、安心してダイビングを楽しめるポイントです。
数えきれない程の魚達と出会う事が出来る事から、フィッシュウォッチングには最適のポイントで、様々な魚達の写真を心行くまで撮る事が出来ると思います。
小魚達の優雅な泳ぎに癒される事でしょう。

関連する記事