夏季のマリンレジャーで気を付けたい事

天気の良い時には慶良間の海でダイビングを楽しむ等するととても気持ちが良いものです。
特に夏季の慶良間のダイビングは太陽光の照り返し等も海中では美しく、少し潜っただけでも非常に癒される事でしょう。
夏季のダイビングでは、こうした気持ち良さや癒しの効果が期待出来ますが、その分、気を付けたい事もある事をご存知でしょうか。

陸上での暑さ対策

近年日本では猛暑日を記録する等して夏季は非常に暑い事が多くなっています。
これからダイビングをすると言う事前準備の1つとして、陸上では暑さ対策を万全にしておく事がお勧めです。
体に水を被ったり、風通しの良い所で過ごす等しておく事がベターです。

強い日差しには要注意

夏季のダイビングと言うと、慶良間でもその他の地域でも、強い紫外線にさらされる事が多くなります。
短時間でもかなりの日焼けをしてしまう事もあるので、紫外線対策もしっかりとしておくと良いでしょう。

水分補給はこまめに行う

夏季はダイビング等をする・しないに限らず、こまめな水分補給が熱中症の予防になります。
またダイビングをするとなれば、脱水症状になりかねない事もありますので、トイレの心配をして水分を取らない事の無いようにしなければなりません。

クラゲには細心の注意を!

夏季の海は慶良間に限らずクラゲのシーズンでもあります。
ほとんどのクラゲは海面近くを漂っているので、水面や浅瀬を泳ぐ時には十分に注意する必要があります。

渋滞する事も頭に入れて

海岸沿いは夏季になるとダイビングの他にもマリンレジャーを楽しむ方々が集まり、大渋滞となる事があります。
そうなる事を頭に入れて、移動時間を工夫する等、対策を練っておくと良いでしょう。

関連する記事