大型魚の群れやダイナミックな風景を楽しむなら黒島南

慶良間でダイビングのポイントと言えば、人気のあるポイントは沢山ありますが、無人島である黒島の南側にある黒島南もお勧めのポイントです。
黒島南と呼ばれるポイントで、アンカーを打っても、ドリフトでもダイビングを楽しむ事が出来るポイントです。
黒島南についてまとめてみました。

黒島南

慶良間のダイビングポイントでも大人気の無人島、黒島の南側に位置するポイントで、幾本ものクレパスが数えきれない程縦に横に走っていて、クレパスの横に空いた穴にはネムリブカ等の巣がある事でも知られています。
黒島の南側にある小さなビーチの前にボートのアンカーを打ち、ダイビングする事もあり、グルクンの群れ等に加えて、ジャイアントバラクーダやイソマグロ等の大物の群れを観る機会があるそうです。
先にも少し触れたようにクレパスが無数にある事から、泳ぎ回る事で地形がどんどん変化していく様子を見る事が出来、そう言った意味でも面白いポイントとして人気があるようです。

黒島南方

黒島の更に南側に行くと、大きな岩が見えてきます。
それがウチザン礁と言う風に呼ばれており、別名をBig Jim Rockと呼ばれています。
イソマグロの群れや雄大な岩が造り出した景色、ネムリブカやウミウチワの群生等を見る事が出来、ダイナミックなポイントとしても知られています。
いつでも流れのあるポイントで、ダイバーにとっては大変面白いポイントでもあるようです。
ダイビングの上級者ならきっと気に入るようなポイントとも評判が高い場所でもあります。

黒島南のダイビング

黒島南から南方にかけては、比較的大型魚の群れを見る事が出来ます。
また、南方ではダイナミックな海の風景を見る事が出来るので、こだわりのあるダイバーには人気があるポイントなのです。

関連する記事