慶良間のチービシ周辺でも楽しめるダイビングアクティビティ

ナガンヌ島などがあるチービシ環礁でもダイビングアクティビティを行うことができます。慶良間の中でも自然が多いところから、自由や快適さといった空間が楽しめます。
ただし、チービシ環礁周辺のダイニングスポットは、岩場や潜降が必要なところもあり、高い技術や流れが速いので、気をつけなくてはなりません。

クレバスや洞窟が多いラビリンス

神山島南にあるポイントの一つで、潜ると洞窟やクレバスが多く、入り組んでいることからラビリンスと呼ばれています。
ハタンボやアカマツカサなどの魚を見ることができ、晴れた日には洞窟の隙間から太陽の光が反射します。海の中を探検したいのならおすすめです。
地形は岩場がメインですが、洞窟内は砂場となりますので、通る際には砂を巻き上げないように注意が必要です。
クマノミやウコンハネガイなど光る貝もいるので、フィッシュウオッチングにはおすすめなポイントです。

潮が走るように早いランニングエッジ

ナガンヌ島の北部にダイビングでアクティビティをするなら、サンゴ礁が囲むランニングエッジがおすすめです。
由来は潮が走るように速いことから。そう呼ばれる場所は浅い岩場から急に落ち込むドロップがあるところがポイントとなります。
ウミシダが多く生息し、グルクンなどの群れも目にすることができます。ウミガメにも出会うことが可能です。
潮の速いときにはドリフトダイビングでアクティビティすることが可能です。

迫力のある海を体験したいなら立柱

チービシの北にある隠れ根。水深25メートルに台形の立柱があります。その間は何もないので、一気に潜降しなくてはなりません。島から離れているスポットなので、ちゃんと潜れる日は少ないものとされています。
reqrethrs
水深は40から50メートルで、魚影が濃く、ギンガメアジの大群をシーズンである夏場に見ることができます。潜降する際には、流れが速いとポイントから外れてしまうので、注意が必要です。

白い砂地やなだらかなスポットも

チービシ環礁周辺のダイビングスポットは、潜るための技術が必要なところも確かに点在します。ただ、初心者でも遊べるシュガーヒルや浅橋前などのスポットも十分堪能できるので、ナガンヌ島でダイビングをする際には検討してみてはいかがでしょうか。
慶良間の黒島、中級者から上級者向けのスポットが多く、ドロップオフやダイナミックな地形などが多いのが特徴です。
逆に言えば、イソマグロやアジの群れなどの回遊魚にも出会える確率も高くなります。スポットによっては、マンタ、サメなどの大物と遭遇することできます。

屈指のポイントである黒島北

ダイビングスポットとしても屈指の人気を誇る黒島北。ダイナミックなドロップオフがあり、海上に出ている「ツインロック」がダイバーの中では有名です。
二つとも断崖になっていて、岩から岩へ中層を泳ぎながら飛び移ります。スキルなども必要となってくるので注意が必要です。深場ではスミレナガハナダイやアケボノハゼを見ることができます。

夏にはマンタに会える!黒島南

黒島の南にあるポイントです。幾つものクレバスが走っているのが特徴的で、横の穴にはサメのネムリブカがいます。イソバナの群生も見ることも可能です。
運が良いと大量のマンタに出会えるので、多くのダイバーが訪れるスポットです。時に流れが速いのでドリフトダイビングで入ることもできます。

黒島はある程度のスキルが必要?

黒島のダイビングスポットは潮の流れが速いときがあるので、実際に潜るとなるとスキルは必要になるかもしれません。
初心者の場合、潮がゆったりしたときやあまり深く潜らずに楽しむことをおすすめします。または、インストラクターやベテランのライセンスを持っている方と一緒にアクティビティがしやすくなります。ダイビングが初めてという方でも大丈夫!初心者でも安心の慶良間ダイビングでおもいっきり楽しむことができます。

魚だけじゃなく地形も楽しむことができる

クレバスの細い道は、魚だけじゃなく、ダイナミックな地形もダイビングスポットとして魅力の一つです。特にツインロックは、黒島北のすぐ隣にあるので、他のスポットとは異なるアクティビティもできるでしょう。

更新情報